あごにニキビができるのはなぜ?それは、〇〇が原因だっった?

ニキビができる場所は色々ありますが、顔の中で限定された場合に最も思い浮かびやすいのはおでこや鼻の周りといったTゾーンですよね。

 

その次にあごやフェイスラインといったUラインが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

 

Tゾーンとあごやフェイスラインにできるニキビはそれぞれ原因が異なっています。

 

Tゾーンのニキビは主に思春期にできるイメージがありますが、それもそのはずで、思春期に大量に分泌される成長ホルモンが影響しているためです。

 

一方、あごやフェイスラインには、思春期にあまりできずに、大人になってからできるイメージがあります。

 

ですが、これはホルモンバランスの乱れが原因の可能性があると言われています。

 

ここで言うホルモンとは、男性ホルモンと女性ホルモンのことで、男性ホルモンの分泌が多くなりすぎる場合は、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなったり、お肌の保水力が低下してしまったりする傾向が見られるようです。

 

女性は、性周期の中で女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが変化します。
ですが、男性は男性ホルモンが元から多く分泌されますので、皮脂の分泌が多くなりがちです。

 

加えて、毎日の髭剃りによって肌が傷ついた状態になっている場合が多く、お肌のバリア機能も低下しがちと言えます。

 

あごの毛穴は大きさが小さいという特徴があり、男性ホルモンの影響で皮脂が分泌される際には毛穴が詰まりやすい部位です。

 

また、あごやフェイスラインは洗顔料のすすぎ不足や皮脂汚れの落とし不足になりやすく、さらに日常の中で何気なく手で触ってしまうことが多いため、雑菌が侵入して繁殖しやすい環境が整ってしまってニキビができやすいと言えます。

 

また、肌が乾燥することとニキビは決して無関係ではありません。

 

肌が潤い不足を感じると、それ以上に水分を失わないよう、皮脂を分泌して皮膚に膜を張ることで水分が蒸発しないよう蓋をしようとします。

 

この状態がさらに悪化すると、皮膚組織内部の水分量が低下した乾燥状態になってしまい、それ以上の水分量の低下を抑制しようと皮脂が過剰に分泌し続けてしまうインナードライという状態になってしまう恐れがあります。

 

皮脂が過剰に分泌されるということは、毛穴が非常に詰まりやすい状態になっていると言えます。

 

あごやフェイスラインはついつい手で触れてしまったり服の摩擦を受けてしまったり、多くの刺激にさらされやすい部位になっています。

 

さらに、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まりやすい部位でもありますので、できるだけ意識してスキンケアをするようにしてください。