ニキビの治療で出される「薬」にはどんなものがあるの?

ニキビを治したいと思った時に薬を出してもらいますよね。

 

出してもらった薬がどのような効果があり副作用があるのか理解できると安心しますね。
皮膚科ではどのような薬が出されているのか調べてみましょう。

 

よく出されているのは「抗生物質」で炎症を抑えるために使われています。
効果は、アクネ菌などを滅菌してくれます。

 

腫れやトラブルを起こしているニキビの場合、一番多く使われているようです。
トラブルを和らげる効果はあるが、ニキビを根本的に治すものではありません。
痛みや痒みといったものを和らげるものです。

 

角栓が起こるのを抑える薬は「レチノイド製剤」です。

 

ニキビの起こる原因である、角質層の角化による毛穴の収縮や角栓のつまりをよくします。
角栓を柔らかくする効力があるのでニキビの原因となる部分に直接的な効力を期待できます。

 

ただ、炎症を抑える効力はないので、赤くなってしまったニキビには他の薬と一緒に使います。
また、副作用が起こる事が多く、効果と負担を考えて使わなければなりません。

 

上記ふたつのものに効力があるのは「硫黄製剤」です。

 

殺菌効果、角質柔軟効果、皮脂分泌を抑える効力を持っています。
ただ、治療の効力はあまり高くないそうです。

 

それでも、副作用があまりないということで、市販薬などにも組み合わされています。
この薬は、一定の効力を期待でますが、反対にお肌を乾燥させてしまう作用があるそうです。
お肌の乾燥は大人ニキビのもととなるので、思春期ニキビに多く使われていると思います。

 

慢性疾患に良いとされ東洋医学の薬である、「漢方製剤」。
漢方薬には西洋薬の様なすぐに効くという効力はありません。

 

でも、慢性化してしまったニキビを治すために大きな手伝いをしてくれます。
副作用が出にくい性質と、身体の機能を良くしようという事で症状を治そうとする性質を持っているので、なかなか治りにくいニキビに対して、体質改善として出される事があります。
漢方薬だけですべてを治すのは難しいので、西洋薬と一緒に使うことになると思います。

 

ピーリング剤としての「サリチル酸製剤」。
ピーリングの時に塗られる薬剤で、角質を柔軟化する効力があります。

 

角栓が出来るのを抑えるので、ニキビが悪くなったり増えたりする事を予防する働きがあります。
ピーリング剤として使われるので、炎症を起こしてしまったニキビには向きませんし、肌の弱い人にも向いていません。
バリア機能を抑える事があるので、大人ニキビには向かないそうです。

 

最後は「過酸化ベンゾイル製剤」です。
アメリカでは良く使用されているニキビ治療薬です。

 

強いピーリングの効力と殺菌の効力を持っています。
ただ、お肌への影響が大きいので炎症を越したニキビを治すのには向いていません。