私は乾燥肌なのに、どうしてニキビができるの?

ニキビはオイリー肌の人が出来てしまうといった印象があるのではないでしょうか。

 

ですが、実際には乾燥肌の人でもニキビが出来て悩んでいる人が多いのが現状です。

 

何故皮脂分泌が多くないのにも関わらずニキビが出来てしまうのか?
皮脂ケア以外のニキビ対策は何が効果的なのでしょう?

 

 

肌トラブルの原因は多岐に渡っていますが、その中でも肌の乾燥が原因であるケースは多いと言えます。
肌が乾燥した状態というのは百害あって一利なしです。

 

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、その結果として紫外線、外的刺激に対して敏感に反応する弱い肌となってしまいます。

 

さらに異常角化になり角栓が出来やすくなってしまうので注意が必要です。

 

そしてバリア機能が低下すると肌の表面は肌を保護する為に皮脂膜を張る為に皮脂分泌が増えるので、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりニキビの原因となります。

 

つまり角栓が出来やすい上に皮脂分泌が増加するのでニキビが出来やすい肌となってしまうのです。

 

それなら肌の乾燥は何故起こるのでしょうか。

 

近年様々な事が判明し肌の乾燥は男性ホルモンの影響が強いと考えられています。

 

その根拠としてはニキビ治療に訪れた患者の血清を調べた結果、男性ホルモンの分泌量が多いといった傾向があり、男性ホルモンの影響が出やすい部位であるUゾーン、口周辺が乾燥している人が多いことが分かったのです。

 

 

肌の乾燥は空気が乾燥する冬に起こると思っている人が多いのですが、実は季節に関係なく乾燥肌のリスクは存在します。

 

冬場は当たり前ですが湿度が低いかあ乾燥しやすい状態です。

 

ですが夏場も空気中の湿度は高くてもエアコンの影響、紫外線のダメージにより肌のバリア機能は低下します。
肌のバリア機能とは肌の潤いを守る働きがあり、バリア機能の低下は肌の乾燥に繋がります。

 

 

乾燥肌でニキビに悩んでいる人は保湿ケアをきちんとすることが重要です。
そして季節を問わず徹底して肌の保湿を行い肌のバリア機能を復活させるように心がけて下さい。

 

さらに男性ホルモンの影響も大きいので気をつけるようにしましょう。

 

ちなみに心理的、物理的ストレスにより男性ホルモンの分泌量は増加します。
だからストレスを蓄積しないで定期的に発散させてやることが大切です。そしてストレスによりホルモンバランスが乱れることがないように注意して下さい。

 

ニキビケアと乾燥肌ケアは個別に対策をするのではなくて乾燥肌のケアを行うことでニキビがケアをすることが出来ます。
肌のバリア機能を復活させることにより健康な肌を目指すことが出来ます。