ニキビができたらメイクはしちゃダメ?OKな場合もあるんです。

「ニキビが出てしまったら、化粧はダメ!」
「なぜなら、吹き出物がひどくなってしまうから!」

 

これが通常の思考ですよね。
しかし、必ず化粧がダメと言うことでもないようです。

 

若い時ならありですが、年になり仕事に行くとき化粧をせず行くことは、ほとんどありませんよね。
まぁ、自慢のお肌だったり、かたくなに化粧が嫌いな方は別ですが。

 

新入社員として新たな日々を送り始めた方の一部には、イライラや悩みなどの理由で吹き出物が出る人もいるようです。
しかし、ニキビが出たからと言って化粧をせず仕事に行くのは不安ですよね…。

 

化粧が原因で肌荒れや吹き出物が出るというのは、メディカルエビデンス(医学的根拠)のお寒い話です。

 

ニキビが出る理由は、アンドロゲンが増えることやライフサイエンスが乾くことにあります。

 

アンドロゲンが増えることにより、毛孔の伸び縮みが発生し毛孔に汚れが溜り発生しやすくなるのです。

 

ライフサイエンスが乾くと汚れが溜りやすくなるので、どうしても毛孔汚れが発生しやすくなります。

 

化粧で吹き出物が出るなんてことはないということです。

 

しかし、出てしまった吹き出物の上に化学薬品が入っているものをつけると、吹き出物が悪化してしまうケースもありますよね。
吹き出物が出ている状況のお肌は、皮膚の防御力が下がっていると言うことになります。
感化すると良くないので、お肌に優しいものを使用すると良いでしょう。

 

近頃では、肌の弱い人用の商品や、ニキビの出来にくい成分が入ったものもあります。

 

こんな風に、感化が低いものを意識して使うなどをすれば、ニキビが出来ても、化粧はOKのようです。

 

逆に、ニキビがわからないよう、上手に化粧をしてみたら、吹き出物での悩みも少しはなくなりそうですね。

 

 

さらにもういっこ!

 

吹き出物は外からの感化でヒドくなってしまうことがあるようです。
なので、肌を守るベースとなるものを使い外からの感化を防ぎ、吹き出物を悪化させない!

 

このような思考もあります。

 

日に焼けないようにクリームを塗ったり、肌の乾燥を防ぐために日頃のケアを頑張ったりすることで、吹き出物を外からの感化を少なくし、酷くならないように守る。という事なんです。

 

ニキビが出たら、化粧はダメ!の原因に、化粧をすると毛孔に化粧などが入り込んでしまうから。
というのがあります。

 

しかし、吹き出物が出てても出来ていなくても、化粧はきちんとOFFしないといけないですよね。
化粧が理由じゃなく、日頃のお手入れが足りない。。。という事になります。

 

ニキビの出る理由の中には、日々の疲れイライラ不安などがあります。

 

化粧で吹き出物を誤魔化せられれば、ちょっとはそんな悩みから解放されますよね。

 

皮膚の具合を見ながら、自分に合わせたメイクをしてみてください。