白ニキビが、どんなものか知っていますか?原因やケア方法とは?

ニキビの出来初めに見られる初期状態のことを、白ニキビと呼びます。
この白ニキビの状態で、適切な肌の対処をしていれば、悪化する事もニキビ痕が残るようなこともないですよね。

 

白ニキビの特徴は、白い吹き出物が肌にプツプツと出てくるとろにあります。
この吹き出物は、専門用語でコメドと呼ばれています。
この時は、まだ炎症も起きていないですし、アクネ菌の繁殖も始まっていない状態です。
ニキビの症状と比べるとまだまだ軽い状態にある為、、この時点では単なる毛穴詰まりだと思っている人もいるかも知れません。

 

しかし、症状の重さに関わらず、ニキビである事は確かなのです。
この白ニキビの状態のうちに、お肌のケアをして悪化する前に治してあげる事が、ニキビを重症化させないポイントですね。

 

白ニキビは肌に炎症が起こる前の段階なので、傷みやかゆみを感じることはありません。
毛穴に角栓が詰まって皮脂がたまっている状態です。

 

しかしこの状態を放置してしまうと、毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を伴う赤ニキビへと変わっていきます。
炎症が起きるより早く、白ニキビの状態でケアをすれば、肌に痕を残す事無く治す事が出来ます。

 

白ニキビができる根本的な原因としては、ホルモンバランスが崩れたことによる男性ホルモンの増加が考えられます。

 

ちなみに、男性ホルモンの分泌は男性だけでなく、女性にもあるものです。
男性ホルモンという名前は、女性に分泌される量が男性に比べて少ないことを意味しています。

 

男性ホルモンは強いストレスを感じたりすると、過剰に分泌されてしまうものだそうです。

 

男性ホルモンの増加は、次のような変化を身体に起こします。
まず見られる変化は、毛穴の収縮が起こります。

 

これにより、毛穴に角栓が詰まりやすくなってしまいます。
男性ホルモンは皮脂の分泌を増やしてしまいます。

 

皮脂にはお肌を守る機能を低下させる性質などもあるため、ニキビの出来やすい環境、ニキビの悪化する環境を作ってしまいます。

 

白ニキビを根本的に解決する為には、ホルモンバランスを整える必要があります。
男性ホルモンを制御し、女性ホルモンが常に優位になるようなバランスを維持する必要があります。

 

そのためにエストロゲンという女性ホルモンや、イソフラボンなどの女性ホルモンと似た働きをする成分を用いて、ホルモンバランスの調整を行います。
こうしてホルモンバランスを整えてあげる事で、ニキビの出来難い体質に肌の状態を変えて守っていくという事ですね。

 

では、既に白ニキビが出来てしまっている肌には、どう対処すれば良いのでしょうか。
白ニキビの治療法は様々にありますが、毛穴から皮脂を押し出す、面皰圧出という治療方法が多いそうです。

 

ただし、爪や毛抜きを使ってセルフケアでニキビを潰す場合は、十分な注意が必要になってきます。
肌に傷を作ってしまうことで、そこから雑菌が入ってしまう可能性があるからです。
雑菌によって炎症が起きてしまうと、初期の白ニキビからもニキビ痕を作ってしまうこともあるので、肌には優しくケアをするよう、十分に注意して下さいね。