ストレスがニキビの原因に?一体どうして?

現代社会において、ニキビで悩むのは思春期の少年少女だけではありません。
大人になってもニキビに悩まされてる人は多くいます。

 

せっかく思春期を終えてニキビが収まったのに、
社会人になりたての頃に再びニキビが出来始めたような経験ありませんか?
思春期の頃にニキビに悩まなかった人でも急に大人になってニキビに悩まされることだってあります。

 

そもそも思春期ニキビと大人ニキビの違いはなんなのでしょうか。

 

思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌です。
Tゾーンと呼ばれる、額、鼻、あご先などを中心にできます。

 

思春期は、成長ホルモンや性ホルモンが急増する時期になります。

 

子供から大人へと身体が成長するために必要なのでホルモンが過剰に分泌されてしまうのは仕方ないのですが

 

皮脂も過剰に分泌されてしまう為、ニキビができやすくなってしまいます。
思春期を終えてホルモンの分泌が正常になれば皮脂の分泌も収まり、自然とニキビが出来なくなってきます。

 

一方の大人ニキビはどうでしょうか。

 

大人ニキビはストレスによる男性ホルモンの増加が原因と言われ、フェイスラインなどの皮脂の分泌があまりないと思われる場所にできます。

 

ちょうど男性のひげが生えてるような場所ですね。

 

男性ホルモンは、皮脂分泌を増加させる作用と毛穴の収縮を促す作用、さらにはお肌のバリア機能を低下させる作用まであるそうです。

 

男性ホルモンが増えれば、ニキビが出来やすくなるのは間違いなさそうですね。

 

先に例に出した社会人になりたての頃を振り返ってみましょう。

 

社会人になると、毎日覚えなければならないことがいっぱい。
学生の頃とは違って社会人としての自覚や責任感が求められ、
常に気を張った緊張感の中で過ごして家に帰った頃にはクタクタ。

 

そのままベットに直行でバタンキューなんて経験ありませんでしたか?

 

急な生活環境の変化に心が追い付けず、疲れもストレスも溜まる一方でしたよね。
ストレスも人それぞれなので逆に疲れ過ぎて寝れなくなってしまったり、ストレス解消しようとドカ食いに走ってしまったりなんて方もいらしたかもしれません。

 

ストレスが原因で男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、女性ホルモンを上回ると、いわゆる「ホルモンバランスが崩れた」状態になるとニキビができやすい肌環境になってしまいます。

 

日々のストレスに大人ニキビの悩みまで加わっては、さらにストレスが溜まってしまいますね。。

 

ちなみにホルモンバランスが崩れるのはストレスだけが原因ではなく、ストレスからくる睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足でもホルモンバランスが乱れに繋がってしまいます。

 

てっとり早くホルモン療法を行いホルモンバランスを整えることでニキビを根本から治療してみるのもいいかもしれません。